SHO NISHIMURA

Top

SHO NISHIMURA

INFO

SHO NISHIMURA

SHO NISHIMURA

HISTORY

SHO NISHIMURA

SHO NISHIMURA

PROFILE

SHO NISHIMURA

INFOMATION

SHO NISHIMURA

”SEASON” を更新しました!(2022年6月8日)

MFJ全日本ロードレース選手権 2022 第2戦のレース結果をアップしました! Click Here!

SHO NISHIMURA

SHO NISHIMURA

”SEASON” を更新しました!(2022年4月22日)

MFJ全日本ロードレース選手権 2022 第1戦のレースレポートをアップしました! Click Here!

SHO NISHIMURA

SHO NISHIMURA

”GALLERY” を更新しました!(2022年4月22日)

MFJ全日本ロードレース選手権 2022 第1戦の画像をアップしました! Click Here!

SHO NISHIMURA

SHO NISHIMURA

”SEASON” を更新しました!(2022年4月12日)

”SEASON” レース結果を更新しました! Click Here!

SHO NISHIMURA

レッドブル・ルーキーズ・カップ~21年招待リスト発表

『Red Bull MotoGP Rookies Cup(レッドブル・ルーキーズ・カップ)』は19日、開催15年目となる2021年に向けて、参戦を招待するリストを発表した。

SHO NISHIMURA

イデミツ・アジア・タレント・カップ~西村がチャンピオン

シーズンのファイナルレースで総合2位の西村が12ポイント差の逆転に成功してタイトルを獲得。

SHO NISHIMURA

レッドブル・ルーキーズ・カップ~暫定エントリーリスト発表

イデミツ・アジア・タレント・カップ王者の西村ら14か国から26名が参戦。

SHO NISHIMURA

レッドブル・ルーキーズ・カップ~開催に向けて相互決意を表明

ドルナスポーツとレッドブルは20年シーズン開催に向け、より一層の団結。

SHO NISHIMURA

SEASON

SHO NISHIMURA

MFJ全日本ロードレース選手権 2022

SHO NISHIMURA

2022年
4月2-3日
モビリティリゾートもてぎ, 日本
  • 予選レース 20位
  • 決勝レース 12位
<レースレポート>
 いつも暖かい応援ありがとうございます。
 4月2日、3日に”モビリティーリゾートもてぎ”にて「全日本ロードレース選手権」が開幕致しました。

 【公式予選:4月2日】20位:1分54秒221
   思うようにタイムアップが出来ず、予選で1発のタイムを出す事が出来ませんでした。
  しかし、課題は解消しつつありユーズドタイヤでもペースを上げる事が出来るようになったのはポジティブでした。
  決勝に向けては追い上げるだけなので、プレッシャーは無くレースに挑みたいと思います。

 【決勝レース:4月3日】12位:1分54秒129
   スタートも問題なく決まり、序盤にポジションを上げる事が出来ました。
  そこから順調に前の集団を追いかけ、周回を重ねる毎にオーバーテイクする事が出来たのは良かったのですが、
  レース終盤にかけてフィジカル的な問題でペースを落としてしまいました。
  次のレースまでに、これらを改善したいと思います。
  また、ペース自体もトップグループとは差があるので、もっとアベレージを上げていきたいと思います。

 【総括】
   Race week全体を通し、600ccでの走行時間が短いなかで走る度にペースが良くなり、伸び代も感じることか出来ました。
  チームがとても良い仕事をしてくれており、100%走りに集中が出来ていることにチームスタッフ、
  そしてエンジニアのみなさんに感謝しています。
  次戦まで少し時間があるので、今回見つけた課題を克服して次戦に挑みたいと思います。
  応援ありがとうございました!
2022年
6月4-5日
スポーツランドSUGO, 日本
  • Race1 予選レース 21位
  • Race1 決勝レース 13位
  • Race2 予選レース 21位
  • Race2 決勝レース 16位
2022年
8月27-28日
オートポリス, 日本
2022年
9月17-18日
岡山国際サーキット, 日本
2022年
11月5-6日
鈴鹿サーキット, 日本

Moto3™ジュニア世界選手権 2021

2021年
4月25日
エストリルサーキット,
ポルトガル
  • 公式予選 25位
  • 決勝レース リタイヤ
【公式予選】25位
 公式予選1は、レインから徐々にドライへ変わっていく難しい展開の中で上手くタイムを出す事ができて、6番手で終えることが出来ました。
 公式予選2は、路面が完全ドライへと変わり予選1に比べると良い条件となりました。自分もラップタイムを更新する事が出来ましたが、思った以上にドライ路面でのフィーリングが良くなく、総合25番手となりました。

【決勝レース】リタイヤ
 決勝レースでは、スタート前にエンジントラブルに見舞われてしまいエンジンがストップしました。この為、何とかレースに参加する事は出来ましたが最後尾スタートとなりました。
 スタートも決まり、1周目で一気に8台をパス出来ました。しかし、そこからペースを上げる事が出来ずプッシュし過ぎてしまい3コーナーで転倒してしまいリタイヤとなりました。

【総括】
 今回のレースウィークは全体的に多くのトラブルに見舞われ、良い流れを作る事が出来ませんでした。次戦はレッドブル・ルーキーズカップでマシンが変わります。先ずは前回のレースより良い走りが出来るよう頑張ります。
 今回も応援ありがとうございました。
2021年
5月9日
バレンシアサーキット,
スペイン
  • 公式予選 24位
  • 決勝レース1 20位
  • 決勝レース2 リタイヤ
【公式予選】24位
 今回の予選はチームとの戦略ミスもあり、上手くタイムを上げ切る事が出来ませんでした。
 それに加えて、今のMoto3クラスはラップタイムが物凄く拮抗しており、0.1秒の中に5台以上がひしめく激戦クラスになっています。少しのミスが大きな違いを生み、かなり厳しい位置からのスタートになりました。

【決勝レース1】20位
 レース1は、スタートから順位を上げて一時は15位ほどまで順位を回復することができました。しかし10周目を超えたあたりからタイヤの摩耗が激しく、マシンを制御することが難しくなり一気にポジションを落としてしまいました。
レース後半はバイクの挙動がかなり不安定となってしまい、転倒せずに完走するので精一杯の状況でした。

【決勝レース2】リタイヤ
 レース2は、スタート直後の4コーナーで他のバイクにいきなり接触され転倒してしまいました。
 しかし、その後アクシデントが起きレースが一時中断。ピットでのチームの素早い作業のおかげで、自分も再び最後尾グリットからレースに参加することができました。再スタート後は、マシンのフィーリングが悪く2周目にハイサイドを起こし転倒してしまいました。

【総括】
 今回のレースウィークは、セッティングやライディングについて作業を進めましたが何をしても良い流れにならず、本当に苦しいウィークになりました。このレースの後、自分は一旦日本に帰国します。
 今の悪い流れを変えれる様に、日本でリフレッシュして新たな気持ちで次戦の舞台イタリアへ向かいます。
 今回も応援ありがとうございました。
2021年
6月13日
カタロニアサーキット,
スペイン
  • 決勝レース 18位
2021年
7月4日
アルガルベサーキット,
ポルトガル
  • 決勝レース 27位
2021年
7月25日
モーターランド・アラゴン,
スペイン
  • 決勝レース 21位
2021年
8月22日
へレスサーキット,
スペイン
  • 決勝レース1 20位
  • 決勝レース2 19位
2021年
9月18日
ミサノワールドサーキット,
イタリア
  • 決勝レース 14位
2021年
11月7日
バレンシアサーキット,
スペイン
  • 決勝レース1 リタイア
  • 決勝レース2 23位

レッドブル・ルーキーズ・カップ 2021

2021年
4月17-18日
ポルティマオサーキット,
ポルトガル
  • 公式予選 19位
  • 決勝レース1 14位
  • 決勝レース2 16位
まずはじめに、コロナ禍でまだまだ厳しい時期が続いておりますが、応援して頂ける皆様のお陰で開幕戦に参戦する事が出来ました。スポンサーの皆様、応援して頂いている皆様、本当にありがとうございます。
今シーズンの開幕戦はポルトガルの「ポルティマオサーキット」で行われました。


【公式予選】19位
 ポルティマオサーキットは、世界的にもアップダウンが激しいとされおり初めて走る自分には難しい予選になりました。
 作戦では大きなグループに入り、スリップストリームを活用してのタイムアップを狙いましたが、位置どりをミスしてしまい思うようにアタック出来ませんでした。

【決勝レース1】14位
 決勝レース1は、スタートに成功しポジションを上げる事が出来ました。
 しかし、予選での順位が響いてしまい先頭グループに着いていけず後続グループでのバトルになりました。毎周激しいバトルで最終ラップまでもつれ込み、何とか第2グループの先頭でゴールする事が出来ました。

【決勝レース2】16位
 決勝レース2は、レース1からセッティングを大きく変更して挑みました。
 しかし、そのセッティングが裏目に出てしまい厳しいレース展開となりました。レース1と同じグループでレースはできましたが、最終コーナーの攻防で前に出きれず16位でレースを終えました。

【総括】
 レッドブル・ルーキーズカップの開幕戦。上手くまとめる事が出来ませんでしたが、次戦は予選でしっかり前の位置を確保出来る様にしっかり集中して行きます!
 これからも応援よろしくお願いいたします。
2021年
5月1-2日
へレスサーキット,
スペイン
  • 公式予選 13位
  • 決勝レース1 18位
  • 決勝レース2 11位
【公式予選】13位
 今回の予選は前回に比べて良い流れでアタックする事が出来ました。
 目標のタイムには届きませんでしたが、フィーリングも少し改善したので前向きな予選となりました。

【決勝レース1】18位
 レース1は、良いスタートを切る事が出来ました。しかし、レース直後から上手くペースを上げる事が出来ませんでした。そして3周目に他者との接触を避けコースアウト。
 単独走行となり18位でのゴールとなりました。

【決勝レース2】11位
 レース2は、スタートからミスなくバトルを展開する事が出来ました。
 トップグループからは差を付けられてしまいましたが、セカンドグループを引っ張る形でレースを進めていきました。ラストラップまでの激しい攻防を制しセカンドグループの先頭でゴール出来ました。

【総括】
 今回は予選から全体を通して開幕戦よりも一歩前進する事が出来ました。そして少しずつ先頭グループとの違いも見えてきたので、次戦に向けて更に改善し良い流れを作っていきたいと思います。
 今回も応援ありがとうございました。
2021年
5月29-30日
ムジェロサーキット,
イタリア
  • 決勝レース1 18位
  • 決勝レース2 11位
2021年
6月19-20日
ザクセンリンク,
ドイツ
  • 決勝レース1 11位
  • 決勝レース2 14位
2021年
8月7-8日
レッドブル・リンク,
オーストリア
  • 公式予選 17位
  • 決勝レース1 16位
  • 決勝レース2 13位
いつも暖かい応援ありがとうございます。
MotoGPライダーの西村硝です。

8月7日、8日にオーストリアのRed Bull Ringにて開催された「Red Bull MotoGP Rookies Cup」第5戦の結果を報告します。


【公式予選】17位
 オーストリアのRedBull Ringは、比較的ストレートが長いサーキットで体重が重い私には難しいサーキットでした。
その中でも上手くスリップストリームを活用して走ることが出来たと思います。
事前のフリー走行からラップタイムを更新する事ができましたが、コーナーの進入部分でいいフィーリングが得られず予選17番手からのスタートになりました。

【決勝レース1】16位
 レース1は予選の状態からセッティングを大きく変更して挑みました。レース序盤は少し苦戦しましたが、予選の時より確実に良いフィーリングを得ることができ、
ロングラップペナルティーを受けたにも関わらず15位まで追い上げる事が出来ました。
しかし、レース終了後更に3秒の追加ペナルティーを受けてしまい、16位とポイントを逃してしまう悔しい結果となってしまいました。

【決勝レース2】13位
 レース2ではレース1からの反省点を活かして序盤から前のグループについてレースを展開することが出来ました。
その後トップグループからは離されてしまいましたが、セカンドグループの先頭でレースを展開する事ができ一時は9位を走行していました。
そしてファイナルラップ、集団の先頭でバックストレートに入りましたが、後続にスリップストリームを使われて一気に5台に追い越されてしまいました。
その後1台を抜き返し、13位でのゴールとなりました。

 レッドブルリンクは私にはかなり厳しいサーキットでしたが、レース2では確実に成長を感じられるレースになりました。
しかし、まだ詰められる点も見つかったので、来週のオーストリア2では、トップグループでレースを展開できるようスタッフと力を合わせて頑張ります。

 今回も応援ありがとうございました。
2021年
8月14-15日
レッドブル・リンク,
オーストリア
  • 決勝レース1 リタイヤ
  • 決勝レース2 16位
2021年
9月11日
モーターランド・アラゴン,
スペイン
  • 決勝レース1 13位
  • 決勝レース2 12位

レッドブル・ルーキーズ・カップ 2020

2020年
8月3-4日
レッドブル・リンク – プレオープンテスト,
オーストリア
2020年
8月15-16日
flag
レッドブル・リンク 第1回,
オーストリア
  • 8月15日 19位
  • 8月16日 12位
  
2020年
8月22-23日
flag
レッドブル・リンク 第2回,
オーストリア
  • 8月22日 16位
  • 8月23日 リタイア
  
2020年
10月17-18日
flag
モーターランド・アラゴン 第1回,
スペイン
  • 10月17日 棄権
  • 10月18日 棄権
  
2020年
10月24-25日
flag
モーターランド・アラゴン 第2回,
スペイン
  • 10月24-25日 欠場
  
2020年
11月7-8日
flag
バレンシアサーキット 第1回,
スペイン
  • 11月7-8日 欠場
  
2020年
11月14-15日
flag
バレンシアサーキット 第2回,
スペイン
  • 11月14日 リタイア
  • 11月15日 12位
  

HISTORY

HISTORY

2019

  • アジア・タレント・カップ 総合1位 – NSF250R – 1位4回, 2位3回

2018

  • アジア・タレント・カップ 総合3位 – NSF250R – 1位1回, 2位3回, 3位1回
  • MFJカップJP250 総合2位 – CBR250RR – 1位3回 ,2位1回

2017

  • 鈴鹿サンデーロードレース – NSF250R – 2位1回, 3位1回

2016

  • 鈴鹿サーキットレーシングスクール受講 – CBR250R

2014

  • 四国モトクロス選手権 総合1位 85cc – 全レース1位
  • 四国モトクロス選手権 総合1位 65cc – 全レース1位

2013

  • 近畿モトクロス選手権 65cc 1位1回
  • 全日本モトクロス選手権 総合3位 65cc

2011

  • 四国モトクロス選手権 総合1位 65cc – 全レース1位

2010

  • 全日本モトクロス選手権 50cc – 1位2回
  • 四国モトクロス選手権 総合1位 50cc – 全レース1位

GALLERY

PROFILE

PROFILE

名前: 西村硝
生年月日: 2001年11月15日
身長: 1m 63cm
体重: 55kg
居住地: 香川県高松市
出生地: 香川県高松市
バイク: Honda CBR600RR
初参戦: 2016年
return

西村硝 公式サイト | SHO NISHIMURA Official Web

ライソン株式会社